基本理念

2015年9月に公認心理師法が成立し、公布されました。これは、心理職にとっては長年の夢であった国家資格化が実現したということであり、とても喜ばしいことです。しかし、それは同時に、心理職の活動が新たな地平(フロンティア)に踏み出したということを意味します。

2017年の公認心理師法施行を受けて2018年からスタートする移行措置の資格試験に関連して不安に思われている方も多いと思います。どのような内容になるのか明確になっていないからです。ただし、臨床心理フロンティアとしては、公認心理師の今後の展開については、はっきりしていることがあると考えています。

それは、公認心理師は、国家資格として国民に対して活動の有効性を示していく説明責任を負うことになるということです。そのためにエビデンスベイスト・アプローチが求められるであろうということです。これは、実証的な心理学を学ぶことが公認心理師の基礎要件となっていることと関連します。

また、公認心理師は、国家資格ということで行政の社会的政策の担い手になるということも想定しています。近年、社会政策の実施は様々な多職種が協働して実施されるようになっています。その点でチーム・アプローチが求められるようになります。さらに社会政策は地域において実行されることになります。その点で個人心理療法に加えてコミニュティ・アプローチが求められるようになると考えます。

臨床心理学を、単なるカウンセリングや心理療法の集合体ではなく、実践活動、研究活動、専門活動から構成される包括的な学問体系としてとらえます。そして、その知識と技法を基礎から応用に向けて体系的に学ぶためのカリキュラムを開発し、そこで学習が必須となるテーマの科目を順次提供します。

実践活動

エビデンスベイスト・アプローチに基づくアセスメントと介入の知識と技法に関する科目を提供する。主要テーマとして、チーム・アプローチで重要となる認知行動療法と発達障害を取り上げる。

研究活動

エビデンスベイスト・アプローチの基盤となる心理学一般の知識と研究法を体系的に学ぶための科目を提供する。研究法は、質的方法と量的方法を取り上げる。

専門活動

チーム・アプローチ及びコミュニティ・アプローチを実践するための知識と技法を体系的に学ぶための科目を提供する。主要テーマとして、各領域特有の専門性、倫理等の職業的専門性を取り上げる。

今後の展開

臨床心理フロンティアが提供する動画教材は、いずれも“エビデンスベイスト・アプローチ”、“チーム・アプローチ”、“コミュニティ・アプローチ”を基本理念として開発されたカリキュラムが基盤となっています。今後もこの基本理念に基づき、基礎的内容から、より専門性の高い内容に向けて多様な教材を制作し、順次アップしていきます。

臨床心理フロンティア講義動画利用登録・規約