公認心理師の基本義務である倫理の遵守について、心理職にとって職業倫理がなぜ必要か、職業倫理とは何か、職業倫理をどのように実践の場で活かしていくことができるのかについて基本的な点を中心に体系的に解説します。

【動画教材収録日】2016613日(月曜日)

この動画教材を見るには、こちらから簡単な利用登録が必要です。

講義動画一覧

※動画の視聴がうまくゆかないときや利用に関する質問は、こちらの 「講義動画閲覧に関するよくある質問(FAQ)」をご覧下さい。


  1. はじめに:講義の概略
  2. 心理職の職業倫理的問題
  3. 職業倫理の定義と必要性
  4. 倫理原則:多重関係
  5. 倫理原則:インフォームドコンセント
  6. 倫理原則:秘密保持
  7. 倫理原則:専門的態度や能力など
  8. まとめ

インストラクター

金沢 吉展
明治学院大学心理学部・教授

1996年筑波大学心理学系助教授、同大学保健管理センター学生相談室カウンセラー、2002年明治学院大学文学部教授を経て現職。Ph.D.(カウンセリング心理学)

【関連する書籍又は論文】

  1. 「臨床心理学の倫理をまなぶ」(単著 東京大学出版会)
  2. 「臨床心理学実践研究の倫理」(臨床心理学、13(3)、333-336)
  3. 「倫理の視点をどうスキルアップに活かすか?」(臨床心理学、15(6)、700-703)

 

 

公認心理師カリキュラム対応 臨床心理フロンティア講義動画シリーズ