スクールカンセリング活動を面接室内に閉じ込めずに、心理支援の活動を学校コミュニティにおいて幅広く展開するために認知行動療法を活用するポイントを具体的活動の事例を交えて解説します。

認知行動療法を活用したスクールカンセリングの展開

この動画教材を見るには、こちらから簡単な利用登録が必要です。

講義動画一覧

※動画の視聴がうまくゆかないときや利用に関する質問は、こちらの 「講義動画閲覧に関するよくある質問(FAQ)」をご覧下さい。


  1. はじめに:講義の概略
  2. スクールカウンセリング活動と認知行動療法
  3. 認知行動療法を基礎とした支援の6ステップ
  4. 学校での支援がうまくいくコツ
  5. 問題別対応方法
  6. おわりに

インストラクター

小堀 彩子
新潟大学人文社会・教育科学系(教育学部)准教授

2006年静岡大学大学院人文社会科学研究科助手,2007年同大学助教を経て2011年現職。臨床心理士。博士(教育学)

【関連する書籍又は論文】

  1. 「スクールカウンセリングにおける認知行動療法の活用」(精神療法41 210-225)
  2. 「バーンアウトの視点から,教師の子ども対応,保護者対応を考える」(教育と医学64 18-25)
  3. 「シリーズ 心理学と仕事 第8巻  臨床心理学・カウンセリング」(共著 北大路書房)

 

 

公認心理師カリキュラム対応 臨床心理フロンティア講義動画シリーズ