精神科に限らず医療・保健のさまざまな領域において活用されている認知行動療法の適用の仕方について、新世代の認知行動療法も含めて行動医学の観点から事例を交えて具体的に解説します。

【動画教材収録日】2016年4月30日(土曜日)

この動画教材を見るには、こちらから簡単な利用登録が必要です。

講義動画一覧

※動画の視聴がうまくゆかないときや利用に関する質問は、こちらの 「講義動画閲覧に関するよくある質問(FAQ)」をご覧下さい。


  1. はじめに:認知行動療法のアプローチ
  2. 心療内科クリニックでの活用
  3. 行動医学という分野
  4. 現代医療とセルフケア
  5. 医療現場での支援への参加
  6. 専門分化と権限の委譲

インストラクター

熊野 宏昭
早稲田大学人間科学学術院・教授

1987年東京大学心療内科医員、1995年東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、2000年東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授を経て、2009年より現職。博士(医学)

【関連する書籍又は論文】

  1. 「新世代の認知行動療法」(日本評論社)
  2. 「マインドフルネスそしてACTへ」(星和書店)
  3. 「実践!マインドフルネス」(サンガ)
  4. 「ストレスに負けない生活-心・身体・脳のセルフケア」(ちくま新書)

 

 

公認心理師カリキュラム対応 臨床心理フロンティア講義動画シリーズ