臨床心理職にとって学習が必須となっている自閉スペクトラム症のアセスメントのグローバルスタンダードと、目的に応じたアセスメントバッテリーの組み立て方について、体系的に解説します。

【動画教材収録日】2016年4月3日(日曜日)

この動画教材を見るには、こちらから簡単な利用登録が必要です。

講義動画一覧

※動画の視聴がうまくゆかないときや利用に関する質問は、こちらの 「講義動画閲覧に関するよくある質問(FAQ)」をご覧下さい。


  1. はじめに:講義の概略
  2. ASDの各ライフステージにおける行動特徴
  3. アセスメントレベルのスクリーニングと評価
  4. ASDのスクリーニングツール
  5. ASDの診断・評価ツール
  6. 包括的アセスメントを行うために
  7. アセスメントから始まる支援

インストラクター

稲田 尚子
日本学術振興会/東京大学大学院教育学研究科 特別研究員

2007年国立精神・神経医療研究センター研究員、2013年東京大学医学部附属病院こころの発達診療部、2014年東京大学大学院教育学研究科教育学研究員を経て現職。博士(心理学)

【関連する書籍又は論文】

  1. 「これからの発達障害のアセスメント」(共著 金子書房)
  2. 「発達障害児者支援とアセスメントのガイドライン」(共著 金子書房)
  3. 「知っておきたい発達障害のアセスメント」(共著 ミネルヴァ書房)

 

 

公認心理師カリキュラム対応 臨床心理フロンティア講義動画シリーズ