生物-心理-社会モデルに基づく臨床活動を実践する臨床心理職にとって必須となっている神経科学(脳科学)の基本を解説するとともに心理職がその最新の成果をどのように活用するかについての視点を提供します。

【動画教材収録日】2016年5月8日(日曜日) 

この動画教材を見るには、こちらから簡単な利用登録が必要です。

講義動画一覧

※動画の視聴がうまくゆかないときや利用に関する質問は、こちらの 「講義動画閲覧に関するよくある質問(FAQ)」をご覧下さい。


  1. はじめに:講義の概要
  2. 神経科学の基礎知識
  3. 脳の構造と機能
  4. 心理的アセスメントと神経科学
  5. 心理的介入と神経科学

インストラクター

国里 愛彦
専修大学人間科学部心理学科 准教授

2011年広島大学大学院医歯薬学総合研究科修了,2011年早稲田大学人間科学学術院助手,2013年専修大学人間科学部心理学科講師を経て現職。博士(医学)

【関連する書籍又は論文】

  1. 国里愛彦 他(2014)うつ病における認知行動療法の神経作用メカニズム ストレス科学, 29(1), 45-54.
  2. 国里愛彦 他(2014)うつ病の認知行動療法の脳内作用メカニズムと今後の展開 Depression Frontier, 12(2), 41-45.

 

 

公認心理師カリキュラム対応 臨床心理フロンティア講義動画シリーズ